面接においては一貫性を持って答えること

面接で黙ってしまうことを過度に恐れる学生は多いです。

面接では会話のキャッチボールを意識する

面接においては一貫性を持って答えること 面接で黙ってしまうことを過度に恐れる学生は多いです。確かに、質問に対して黙ってしまうのは会話とは言えません。良い評価をしてもらえることはないでしょう。だからと言って、一方的に喋り続けるのもよくありません。それも会話とは言えないです。しかし、黙るよりははるかにマシと考えている学生が結構います。喋り続ければ意欲が高いと思ってもらえると言う人も少なくありません。しかし、会話はキャッチボールです。これは常識であり、学生なら知っているでしょう。会話のキャッチボールができなければ、採用は遠のくと考えておくことです。

面接と言うと、答えることにばかり注力しがちですが、むしろ採用担当者の話を聞くと言うスタンスで臨まないといけません。そう言う視点を持っていると、一目置いてもらえるでしょう。また、面接で出される質問の中には、とくに何の意味もないものもあります。時間つぶしのために出されることも珍しくありません。しかし、こう言う質問でも会話を楽しむ、採用担当者を楽しませると言うスタンスで臨むことです。もちろん、ギャグを披露しろと言うわけではありません。意味のない質問の答えにも、起承転結をつけることが大事になってきます。

関連サイト

Copyright (C)2019面接においては一貫性を持って答えること.All rights reserved.